人工漂着物をひろってみよう!

 

佐々木さんに弟子入りして、貝がら拾いがすっかり好きになったアンちゃん。この日は益田市の津田海岸にビーチコーミングにやってきました。

アンちゃん「この浜には、ちいさなハマグリの貝がらが沢山おちているな。あっ、サクラガイもある。

あれ?あのおじさんは海岸のゴミ拾いをしているのかな?でも、うれしそうにゴミをえらんで持って帰っているなんてなんかあやしいな…声をかけないでおこう。」

おじさん「おや、おじょうちゃん貝がら拾いをしとるんかい?」

アンちゃん「(わっ!声をかけられちゃった!)そ、そうなんです…」

おじさん「貝がらもいいけど、浜べには他にもイイモノがあるんだよ。」

 

このおじさんは…

岩崎さん

 

津田海岸の近くに住んでおり、朝の海岸を歩いてビーチコーミングをするのを日課としている。

特に、普通の人はゴミと思ってしまうような人工漂着物を好んで収集している。

本業の建設業で培った技術を生かし、拾った漂着物を使って工作を作ることも得意としている。

アンダンテ21専務理事

「佐々木さんとおなじアンダンテの人ならひとまず安心そうね。でも、岩崎さんはなんでゴミを拾い集めているんですか?」

「君が佐々木さんが言ってたアンちゃんかい。でもこれがゴミにみえるようじゃまだまだだね。これもれっきとしたビーチコーミングじゃないか。拾うのは貝だけじゃないんだよ。」

岩崎さんがひろった漂着物の展示

岩崎さん 「”ゴミ”っていうと、人間のだしたもの、人工漂着物(じんこうひょうちゃくぶつ)のことだよね。人間が海や川に捨てたり落としたりしたものが、海岸に流れついてくる。本来の自然の姿にはあってはならないものだけど、人間が生活している以上、人工漂着物があるのは仕方ないよね。これをだだのゴミととらえてそうじするのもいいけど、楽しみを見出しながら拾うと面白くなる。海岸もきれいになるし一石二鳥だよね。」

アンちゃん「でも、やっぱりゴミにしか見えないなあ。」

岩崎さん 「例えば、外国語が書いてあるものを拾ったら、これは母国でどんな風に海に流れて、どういう航海をしてたどり着いたのかを想像してみたりね。島崎藤村という作家の〝椰子の実″っていう詩があるけど、そんな感じかな。」

アンちゃん「おじさんは想像力が豊かなのね。」

 

人工漂着物の中にある「お宝」

「人工漂着物というと、汚いものばかりのイメージがあるけど、こんなキレイなもあるんだよ。たとえばこれを見てごらん。」

「わ~、きれいな石!」

「がはは、これは石じゃないんだよ。海岸でひろったガラスで、〝シーグラス″とか〝ビーチグラス″っていうんだよ。ビーチコーミングの中でも人気の漂着物でコレクターもいる。ワシもその一人だよ。」

アンちゃん「たしかにガラスびんによくある色のものが多いわね。でも、なんでこんな形になるのかしら。」

岩崎さん 「例えば、だれかがビンを海に捨てるとするだろう?そのビンが、波で岩に打ちつけられたりして割れるよね。そのはへんが、また波や砂にもまれて、角がとれてすりガラスのような質感になるんだよ。この風合いは人が加工してもなかなかだせないよね。」

アンちゃん「シーグラス一個ができるまでにも長い時間のドラマがあるんだね。」

岩崎さん 「これは何かわかるかな?」

アンちゃん「わ~、これもガラスですね。きれいなガラス玉。でもなんでこんなものが落ちてるのかな?」

岩崎さん 「これは〝瓶玉(びんだま)″というものなんだけど、漁師さんが昔、漁をする時にあみにつけるウキとして使っていたものだよ。最近ではガラスではなくて発泡スチロールのウキが使われるようになったけどね。それが切れて流れ着いたものが、今でもたまーに拾えるんだよ。」

アンちゃん「レアなものなんですね。」

岩崎さん 「たとえば電球をいれて照明にしたり、インテリアに使うために高価で取引されているんだよ。」